利用規約無料会員登録ログイン 

【ネタバレ】『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』感想 「ラストのあの展開はずるい。絶対泣かせにきてる・・・」 | らぶあに

【ネタバレ】『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』感想 「ラストのあの展開はずるい。絶対泣かせにきてる・・・」

現在公開中の長編アニメーション映画作品『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のネット上での感想&私個人の感想を書いてみました。

初めに

この記事にはオーディナル・スケールに関してのネタバレを含んでいますので、まだ見ていない方は自己責任で見てください。
また、私には文章力があまりありませんので、言い回しがおかしな点もあるかと思います。あらかじめご了承ください。

劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-

みんなの感想

戦闘シーンやばすぎて泣きそうやったけど、映画館やからおさえたw 1人で見てたら絶対泣いてた!

あんまりSAO自体知らない人でも楽しめる映画です!

戦闘シーンはかなり迫力あってよかった!個人的にユウキが出てきたところは感動した(´;ω;`)

最後鳥肌やばっかった見てない人は急いで!

めっちゃ感動しました。゚(゚^ω^゚)゚。

個人的な感想

みなさんは劇場版ソードアート・オンライン見に行きましたでしょうか?
見た方はわかると思いますが、神作画&あの迫力のある戦闘シーンと泣けるストーリー展開は最高でしたね!

私個人、TVアニメシリーズとは違いARという内容に少し心配していました。
それは”TVアニメシリーズとどのようにつながっていくのだろうか?”ということです。
TVアニメシリーズでは”自ら”が仮想世界に行く、という内容でしたが、今回の劇場版は”自分の”世界が仮想世界?になる、というものでした。
これは今までのソードアート・オンラインシリーズとは異なる”世界観”であることが原作とは違う、パラレルワールド的な物語にはならないのか?と思わせるものでした。
しかし、劇場版本編を見てみると、TVアニメシリーズの伏線がしっかりと存在しており、終盤には「マザーズ・ロザリオ編」で死んでしまったユウキがアスナに渡した剣術をアスナが使用するシーンも描かれ、その場面ではユウキもアスナと被った状態で登場しました。

劇場版でのラスボス?は、アインクラッド第100層ボスモンスターだったのですが、この時に少し違和感が・・・
”あれ?100層ボスって茅場じゃなかったのかな?”と・・・私の勘違いかな・・・?
それでも十分に楽しめる内容で、最後には感動と迫力のあるバトルシーン、そしてそのバトルシーンにはあの音楽が流れるといった演出もありました。

今回の物語の始まりは、娘をSAOで亡くしてしまった重村教授が娘を甦らそうとして開発したオーグマーです。
この劇場版には様々な自分物の思いが交差しており、アスナがSAO時代の記憶を”奪われる”展開になり、それをキリトが取り返すために立ち上がる。という内容で、気づいたときには目から汗が流れている状態でした。

ただ歌うことが大好きだった重村教授の娘・ユウナの思い、ユウナのことが大好きだったエイジの思い、アスナの記憶を取り戻したいキリトの思い、キリトとの思い出をこれ以上無くしたくないアスナの思い、アスナの記憶が無くなってしまったのは私をかばったからだというシリカの思い。
その他みんなの思いが約2時間という短い中にギュッと絶妙なバランスで描かれていましたね

劇場版ではTVアニメシリーズぁらの伏線として所々にTVアニメの場面を組み込んでいるところもわかりやすく、良かったと思います。
それにユウキがアスナに亡くなる直前にプレゼントした剣術も劇場版では描かれ、そこにユウキの姿も描かれる、ということもありました。
そのシーンではユウキの元気だった頃の姿を思い浮かべた方もいたのではないでしょうか?
私はこの場面を見て、”あぁ、ユウキってまだみんなに覚えられていたんだな”とうれしく、涙が出てきました。
ユウキとキリトたちが過ごした時間は本当に短かったはずなのに、ここまで愛されているユウキがちょっと羨ましくも思いました。

最後の戦闘シーンでは、みんながSAO時代の姿になり、キリトのチート無双が描かれ、やっぱりかっこいいなと思わされました。
100層を攻略したことによって手に入れた剣を1振りするだけで一気に数匹のモンスターを倒しているキリト、あの姿を見てると”黒の剣士”と呼ばれていたキリトが懐かしく思いました。
もう完全にこのシーンは泣かせに来てましたよね・・・

まだ確かかはわかりませんが、今後続編及び第3期が制作される可能性がほぼ確実にあると思われます。
みなさんが楽しみにしていた続編、第3期、いつ放送されるかはまだ分かりませんが、(続編が決定しているわけでもありませんが・・・)非常に楽しみです。
今後の続報に期待するのみですね!
文章を書く力が私にはありませんので、所々変な言い回しになっているところがあったかもしれませんが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
みなさんももしよろしければこの記事に対してコメントとして劇場版の感想を書いて頂ければと思います。
なお、コメントする際に”名前”の欄は記入しなくて構いません。(記入しなかった場合は「匿名」と表示されます。)

関連商品

 

  1. 匿名 より:

    100層のボスを倒した後に、実は真のボスでした―っていってヒースクリフが立ちはだかる予定だったんだろ?

    • 「らぶあに」編集部 より:

      そうだったんですね!わざわざありがとうございます!!

    • 匿名 より:

      1巻では95層で正体明かして100層のラスボスになる予定だったとのことだけど、キリトとアスナが出会うタイミングみたいに大人の事情の修正が入ったんじゃないかな

  2. 匿名 より:

    多分本来のSAOはあのボスで茅場さんが占領してるSAOがラスボス茅場さんだと思いますよ

  3. 匿名 より:

    個人的な推測と予測になるんですが一番最初に出たSAOのゲームだと100層でアニメ1話で出たフードの後にエラーが蓄積された事によって暴走したAIが出現するんですが本来そこの立場だったラスボスじゃないんでしょうかね?気になるのは新しいゲームのほうのSAOの設定で樹に関わる始まりがあったことが言われているんですがラスボスのあれも樹に関わっている事ですか

  4. かんがる より:

    戦闘シーン が 銭湯になっていますよ

    • 「らぶあに」編集部 より:

      わざわざ教えて頂き、ありがとうございます。間違っている部分は訂正させて頂きました。

  5. キリトと仲間たち より:

    茅場明彦をキリトが倒したので、新しく100層のボスが現れたのではないでしょうか?
    それに、あの頃のキリトではどっちみち、映画のボスは、勝てなかったし、勝ち目もなかったと思います。
    映画でボスに勝てたのは、たくさんの仲間がいたからだと思います。

  6. キリトTsueee! より:

    自分が泣けたのは、シリカの大ピンチにアスナが参戦して来て、シリカに「ずっと気にしてたのね…ごめんね」と二人泣きながら手を取り合っていたシーンです。+゚(゚´Д`゚)゚+。完全に泣かせられました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。





お知らせ

現在、長期メンテナンス作業を行っております。
今のところ、終了日時は未定です。

RSSはTOPページには表示しておりません。
各記事のタイトル下とコメント下に表示しております。
ライター/相互リンク/相互RSSは随時募集中ですので、ご希望の方はお問い合わせフォームまでお願い致します。

人気記事

最も訪問者が多かった記事 10 件 (過去 7 日間)



©らぶあにAll Rights Reserved.